« 俳優・佐藤浩市さんの涙、 | Main | 病気の愛おしさ、涙したコメント、気づき、 »

April 21, 2013

「の」返し、とは、子供のあやし方、

先日、新宿・哲学カフェで、子供のあやし方に、"「の」返し"と云う言葉を初めて聴いた。

泣いてる子供、ダダをこねてる子供には、「・・・・・なの」と、その子が要求してる気持ちを、先ず、受けとめてあげないと、泣きやまないとのこと。

「・・・・なの?」 と、疑問符があっては好くない。 ただ「・・・・したいのネ」と、先ず気持ちを素直に、受けとめてやらないと、穏やかにならないと云う。

それは、凄い哲理を含んでいると想う。

今まで、私は、他人に、どれだけ、"「の」返し"が出来て来ただろうかと自問する。

自分が先にあっては、"「の」返し"は出来ない。

"「の」返し"が出来るかは、修行のバロメーターかも知れない。


|

« 俳優・佐藤浩市さんの涙、 | Main | 病気の愛おしさ、涙したコメント、気づき、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 俳優・佐藤浩市さんの涙、 | Main | 病気の愛おしさ、涙したコメント、気づき、 »