« 日々は小さな不幸だらけ、大きな幸せに気づかず、 | Main | "名前と形"の恐さ、執着の正体 »

April 13, 2013

回転寿司での小さな驚き、恐いおじさんの優しさ、

先日、回転寿司のカウンターで、私の後に、恐そうなおじさんが、一つおいた隣の席に座って来た。

新たに二人連れの客が来たので、中国人の女性従業員が、その恐そうなおじさんに、「一つ詰めてもいいですか?」と、不完全な日本語で、席を詰めて貰えないか頼んだ。

すると、その恐いおじさんが、意外と、「いいですよ」と、快くすぐ、席を譲って、私の隣の席についた。

ちらっと、隣の厳めしい横顔を見ると、やはり恐そうだが、恐さ故に、その優しさが倍に見える思いだった。

その間、私は、サバばっかり食べていて、我ながら、サバの天敵かと思いながら、安堵して微笑んだ。

新橋の回転寿司での小さな驚き。

|

« 日々は小さな不幸だらけ、大きな幸せに気づかず、 | Main | "名前と形"の恐さ、執着の正体 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 日々は小さな不幸だらけ、大きな幸せに気づかず、 | Main | "名前と形"の恐さ、執着の正体 »