« 天城山中に消える、 | Main | "小熊のエペレ"、アイヌの言葉 »

March 10, 2013

私の富嶽百景

先日休日を利用して、西伊豆の戸田(へだ)に初めて行ってみた。

戸田への通常のコースは、三島から修善寺へ行き、修善寺からバスで1時間、沼津からもバスで1時間。不便なことも、戸田の魅力。そこは、小さな漁港の街だった。

戸田では、駿河湾越しに、蒼海の海に圧倒的に映える富士、その絶景に、ため息。

コトコト走る身延線から見る富士も好かった。富士の裾野の富士宮から、眼前に迫る富士を見る。

横浜の自宅付近からも、西の方の神奈川大学の丘の先の方に、遥かに見える富士。

富士は、三重県でも、伊勢湾越しに、空気が澄んだ早朝、稀に見れることもあると云う。

北斎が見た富士、広重が見た富士。

そして、私が見た富士。

(3月8日朝、天城山へ出発する朝)

|

« 天城山中に消える、 | Main | "小熊のエペレ"、アイヌの言葉 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 天城山中に消える、 | Main | "小熊のエペレ"、アイヌの言葉 »