« 執着してもよい、執着出来るものならば、 | Main | シーラーカンスの隠遁生活のユーモア、忘れられた世界 »

March 13, 2013

インドネシア津波30万人、四川大地震9万人、

2011年3月11日の東日本震災の死者行方不明者約2万人と比較して、2008年5月12日の四川大地震の死者行方不明は8.7万人、 2004年12月26日のインドネシア津波の死者行方不明は30万人と云うことを、インターネットで調べて、改めて私は驚いた。

先日、住職から、東日本震災と、インドネシア・四川の被災に対する、日本人の受けとめ方の差は、どこから来るのか? との疑問に気づかせて頂いた。

如何に、人間が、普段、五感六識の印象・気分に支配されているかがわかる。

一切が私と感じられたら、インドネシアも四川も私と感じられたら、哀しみを超越して行ける気がする。

哀しみの根源は、"私"と対極に、外の世界があること。哀しみの根源は"私"。

そんな気づきに導かれる。


|

« 執着してもよい、執着出来るものならば、 | Main | シーラーカンスの隠遁生活のユーモア、忘れられた世界 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 執着してもよい、執着出来るものならば、 | Main | シーラーカンスの隠遁生活のユーモア、忘れられた世界 »