« 80歳で、「メキシコに住もう」の夢実現、出発進行、 | Main | 1945年、北海道・東北占領を救った、占守島(しゅむしゅとう)の戦い »

February 22, 2013

電車の席に百人一首の句のカード、

昨日、終業後、目黒の不動前に、勉強会(通称:カリスマ会)に行く途中、三田線の急行を白金高輪で、普通・南北線・日吉行きに乗り換えた時、空席が一つ。

空席の上には、何かカードがあったので、取り除いて座って、そのカードを見ると、それは、百人一首のカードだった。

片面に、「瀬をはやみ 岩にせかるる たき川の」とあり、もう片面に、「われても末に遭わんとぞ想う」と書いてあった。

子供時代に母から、何度も聴いた百人一首。聴きなれた響きに、母との時間を想い出した。

"今は、川の流れが急になり、岩に流れを分けられているが、いずれまた落ち合いましょう"と云う歌。

"崇徳院"と云う人の歌だと、帰宅後、調べてわかった。

偶然に乗り合わせた電車で、"崇徳院"の歌。 「われても末に遭わんとぞ想う」、それは、母からの手紙のように想えて、ジーンときた。私は、そのカードを、大切にとって置こうと想う。

|

« 80歳で、「メキシコに住もう」の夢実現、出発進行、 | Main | 1945年、北海道・東北占領を救った、占守島(しゅむしゅとう)の戦い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 80歳で、「メキシコに住もう」の夢実現、出発進行、 | Main | 1945年、北海道・東北占領を救った、占守島(しゅむしゅとう)の戦い »