« 尖閣なくなればいい、謝罪すべき発言だろうか、 | Main | "執着"と云う筏(いかだ) »

February 19, 2013

縁側の日差し、梅一輪、2月、

図書館で借りてきた季語の本で見付けた、2月の季語に、何か新鮮な、季節の趣きを感じる。

公魚(わかさぎ)、細魚(さより)、片栗の花、水菜、海苔、鶯、若布(わかめ)。

"縁側の日差し"も、"梅一輪"も、2月の情景。

千の風になったような安らぎ。


|

« 尖閣なくなればいい、謝罪すべき発言だろうか、 | Main | "執着"と云う筏(いかだ) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 尖閣なくなればいい、謝罪すべき発言だろうか、 | Main | "執着"と云う筏(いかだ) »