« 矢の刺さった動物を扱うように、 | Main | "南無地獄大菩薩"、白隠展で見た言葉、 »

January 21, 2013

励まされるような辞世の句、

昨日、図書館で借りた、「辞世の句300選」と云う本に、今朝は、もう感動しきりになった。

貸し借りの無き身の軽ろし芋の花、 まーいいか責めて花の咲く頃に、遺すもの何もなくてもメダカの子、途中下車程の滞在春の雪、白く来て白く落ちゆく小滝かな、

父の声大きく響く花野かな、頑張ったよく頑張った頑張った、芋虫を二匹助けたことくらい、花に舞う太極拳を来世にも、媚びること知らずに生きて白木蓮、

桃の花生きよ生きよと母の声、亡き父母に褒めて貰える人になる、帰りみち身にまとう花野風、旅に出るメールアドレスそのままに、ラストシーン私への雪舞い始む、父の顔知らずに逝くなり冬の虹、

お日様へ一直線のしゃぼん玉、右に月・左に火星ゆきこ星、ただいまと行きます母の待つ花野、

普通の人達が元気な時に詠んだ辞世の句の迫力に、圧倒される。

辞世の句は、人生を励ます詩なのだと想った。

|

« 矢の刺さった動物を扱うように、 | Main | "南無地獄大菩薩"、白隠展で見た言葉、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 矢の刺さった動物を扱うように、 | Main | "南無地獄大菩薩"、白隠展で見た言葉、 »