« 寂れた郷里も味わい、大牟田 | Main | 湯たんぽの暖かさ、 »

January 06, 2013

可愛そうか、憎たらしいか、

"可愛そう"に想えるか?、"憎たらしい"と想うか?

色々な事象や、人に対して、"可愛そう"に想えるか?、"憎たらしい"と想うか?自問してみると、自分の今の世界観が見えて来る。

"可愛そう"に覆われれば、慈悲心に包まれ、対象に対して、もどかしくも、穏かに祈れる。

"憎たらしい"と想えば、苦が生まれ、怒りに包まれ、心騒ぎ、祈る余裕を失う。

子供の頃、母が、こちらが何を云っても、「そうね。そうね。」と、うなずいていた時の表情を想像する。

まるで、相手にしていないかのように、子供扱いして、うなずくことも、神の境地ではないかと想う。

"憎たらしい"対象に対して、「そうね。そうね。」と、うなずいてみると、穏かに祈れる世界が広がる。

昨日は、今年、初めての坐禅の勉強会だった。

「そうね。そうね。」という気持で、生きて行きたい。

|

« 寂れた郷里も味わい、大牟田 | Main | 湯たんぽの暖かさ、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 寂れた郷里も味わい、大牟田 | Main | 湯たんぽの暖かさ、 »