« "私と私のもの"に起因する不幸、 | Main | 全てが自分であるが故に、 »

December 24, 2012

ドウナツの穴、

今日、日本海側は大雪の予報のクリスマスイブ、世界中の子供達の憧れの日。

雪原を往くトナカイ。ノルウェーの雪景色を想う。

大人も、何か目に見えないプレゼントを、考えてみると好いと想う。

今日、何かを、じっと見て、驚いてみると好い。

そう云えば、数日前に、住職に、「ドウナツの穴はドウナツですか?」と云う問いを受けた。答えは、教えて貰えなかったが、考える材料を頂いた。 ドウナツの穴は、空間なのに、ドウナツを形成している。

無くて有って、有って無い世界。確かにある、確かに無い。

身近なところに、ドウナツの穴のように、無くても有る世界を見出すことは楽しい。

クリスマス・プレゼントはドウナツの穴。


|

« "私と私のもの"に起因する不幸、 | Main | 全てが自分であるが故に、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« "私と私のもの"に起因する不幸、 | Main | 全てが自分であるが故に、 »