« 全てが自分であるが故に、 | Main | 九州帰省の旅、2012年12月 »

December 26, 2012

荒れた手の優しさ、

昨日、昼休み、有楽町ビッグカメラに、修理の済んだカメラを受け取りに行った。

交差点で、ホームレス支援雑誌"ビッグ・イシュー"の販売員の人を、また見かけ、私は、いつものように、近づいて、1冊(300円)を購入した。

寒い冬の日、ジャンパーを着て、中年の男性の販売員の方は、荒れた手で、私のさしだす300円を受け取ってくれて、お互いにありがとうございますと言葉を交わして、私はすぐ、その場を離れた。

ほんの一瞬のやりとり、会話なのに、私は、その場を離れた後、すぐに、その荒れた手の平が目に残った。

何か、懐かしい父の手の平のようで、ジーンと心が揺れた。

荒れた手の平に、計り知れない優しさが溢れていた。

そして、私に、頑張ってるか? と問いかけているようにも思えた。

そうだ、私は、上京して大学に行ってる頃、父は、こんな手をして働いていたに相違ないと思った。

|

« 全てが自分であるが故に、 | Main | 九州帰省の旅、2012年12月 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 全てが自分であるが故に、 | Main | 九州帰省の旅、2012年12月 »