« 三輪王朝(初期大和政権)、 | Main | 夜逃げではなかった、そして「エンデイング・ノート」のこと、 »

December 12, 2012

クリスマス前の夜逃げ、

私の勤めている会社が長年、クリスマスカードの印刷を頼んで来た小さな印刷屋さんが、注文を受けたまま、最近電話に出ないので、会社の人が事務所を訪ねてみたら、人が誰もいなくなって、印刷機械も無くなっていたとのこと。昨日、会社で聞いた、初めての身近な夜逃げの話だった。

1週間前は、連絡が取れていたと云う。

街は、クリスマスのイルミネーション。

夜逃げした家族は、どんなに辛い歳の瀬を送っているのだろうと思うと、胸が苦しくなった。

人生は、時に過酷な展開をする。

途方に暮れても、暖かいラーメンに、ハッと救われて欲しい。石焼きイモの暖かさを、想いだして欲しい。

|

« 三輪王朝(初期大和政権)、 | Main | 夜逃げではなかった、そして「エンデイング・ノート」のこと、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 三輪王朝(初期大和政権)、 | Main | 夜逃げではなかった、そして「エンデイング・ノート」のこと、 »