« 子供の国をのぞき見るように生きる、 | Main | 「世界の古典13」、近藤康太郎著、講談社、 »

December 01, 2012

夜明け前の静寂、

お釈迦様は、49日間の瞑想の果てに、12月8日、明けの明星を見られた頃、解脱されたと云う。

今日、天城山"一灯禅林"では、そのお釈迦様の解脱を記念した坐禅(接心)が、朝3時過ぎから、住職と修行する人達で、行われている。

寒い冬の朝、まだ暗い道場の、薄明かりの情景が浮かんで来る。

私は、その静寂の光景を想う。

12月は、特別な月。

人生を、振り返る月。どう生きるかを考える月。

そして、ただ、淡々と、何かを置いておくように、生きるのも好い。

|

« 子供の国をのぞき見るように生きる、 | Main | 「世界の古典13」、近藤康太郎著、講談社、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 子供の国をのぞき見るように生きる、 | Main | 「世界の古典13」、近藤康太郎著、講談社、 »