« 夜明け前の静寂、 | Main | 高倉健と云う生き方、 »

December 02, 2012

「世界の古典13」、近藤康太郎著、講談社、

古典とは、何十年、何百年に一人と云った天才が、一生を費やして書いたものだ。これを書かなければ死ねないと心で叫んで、遺した命の精髄である。

「古典を読まない人はアホである、損である。」と著者は前書きに書いている。

著者が選んだ古典は、チェーホフ、ラブレー、中島敦、トルストイ、ドフトエフスキー、森鴎外、夏目漱石、エミリ・ブロンテ、シェイクスピア、ゲーテ、ヘーゲル、マルクス、であった。

パラパラと読み始めると、確かに、人生の叫びが聴こえる。

著者は、八木重吉の「虫」と云う詩も引用していた。

「虫が鳴いている。いま、鳴いておかなければ、もう駄目だと云うふうに鳴いている。自然と涙に誘われる。」

|

« 夜明け前の静寂、 | Main | 高倉健と云う生き方、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 夜明け前の静寂、 | Main | 高倉健と云う生き方、 »