« 靴磨きのおじさんの光景、丸の内 | Main | 「放浪記」、林芙美子、母の大好きな文学だった、 »

November 14, 2012

煩悩を手玉に取る、

煩悩は猛獣の子供に似ている。子供の間は、煩悩も可愛いもの。

いつの間にか、放置していると、飼い主の手に負えない猛獣となる。

猛獣を手玉に取るくらい、飼い慣らせば、人生も楽しい。理性は猛獣の飼育係り。

酒も、猛獣の子供のようなもの。煩悩も、ほろ酔いが一番好い。酒をコントロールしての、酒の楽しみ。

人間は生きてる以上、煩悩とともに生きている。煩悩があるからこそ生きている証。

但し、その生きるエネルギーの源泉の煩悩を、手なずけないと人生は破滅する。

人生は、動物園の猛獣の飼育係りのようなものと思えば面白い。

油断さえしなければ、猛獣も、時に、可愛く見えて来る。

|

« 靴磨きのおじさんの光景、丸の内 | Main | 「放浪記」、林芙美子、母の大好きな文学だった、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 靴磨きのおじさんの光景、丸の内 | Main | 「放浪記」、林芙美子、母の大好きな文学だった、 »