« 人生峠の俳句茶屋、 | Main | 15年以上続く、同郷のビジネス交流会の安らぎ、 »

November 27, 2012

幸せのパラドックス、出世のパラドックス、

幸せな人、幸せそうな人は、既に幸せなのだから、誰も助けの手を差し伸べる気にならないと思う。不幸な、困っている人を、助けたいと思う。

他人と差をつけて幸せになろうとすればする程、益々孤独になって行く。出世も然り。

物理的な、表面的な理由で幸せと宣言すればするほど、近付いて来る人も表面的で、益々孤独になって行く。

幸せが呼び込む孤独の結末の滑稽さ。

不幸・悲しみ・苦しみには、他の人が手を差し伸べたくなる。不幸がもたらす人との絆は、表面的な幸せとの対極にある。

人との繋がりは安らぎのもと。思い通りにならないこと、不幸なことも、人生には、すごい恵みではないのかとさえ想える。


|

« 人生峠の俳句茶屋、 | Main | 15年以上続く、同郷のビジネス交流会の安らぎ、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 人生峠の俳句茶屋、 | Main | 15年以上続く、同郷のビジネス交流会の安らぎ、 »