« 山積みの宿題がしてみたい、 | Main | 横浜歴史博物館(センター北)、畠山重忠展、 »

November 23, 2012

絵本、お母さんの子守り歌、震災の遺児の話

昨日の朝、NHKで、絵本作家・こんのひとみさんの、「お母さんの子守り歌」が紹介されていた。

クマのお母さんが、ある嵐の日、巣穴から外に出て、人間につかまったのか、事故にあったのか、それっきり帰って来なかった。子供達は、不安で、身を寄せ合って泣いて暮らしていた。

その後、ある日、子供達の耳に、「お母さんの子守り歌♪」が聴こえて来た。子供達は、笑顔を取り戻す。

東日本震災で、お母さんを津波で亡くした、女の子、小野このみちゃん、のぞみちゃんの話をきっかけに、この絵本が生まれたのだと云う。

「お母さんの子守り歌」、その言葉の響きだけで、もう、母の声が聴こえて来るような気がする。

|

« 山積みの宿題がしてみたい、 | Main | 横浜歴史博物館(センター北)、畠山重忠展、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 山積みの宿題がしてみたい、 | Main | 横浜歴史博物館(センター北)、畠山重忠展、 »