« みかんの皮で風船を割る、ファーマーズ&キッズ・フェスタ(日比谷公園) | Main | 煩悩を手玉に取る、 »

November 13, 2012

靴磨きのおじさんの光景、丸の内

先日、早朝、大手町の朝日生命ビルで開かれた、エネルギー関連セミナーの終了後、オフィスに向かう途中、東京駅の丸の内側で、久しぶりに靴磨きのおじさんを二人見かけた。

靴磨きは、何か、戦後の日本の苦しかった時代の町の光景を連想する。丸の内の靴磨きは、700円と書いてあったから、今は、それなりに、お客さえ何とか見つかれば、そこそこの収入になることも想像した。

また有楽町の地下鉄入り口付近では、いつものように、"ビッグイシュー"(ホームレスの人達への支援雑誌)が売られていた。雑誌代・300円のうち、160円が販売者の収入になるのだという。

私は、町で、ビッグイシューの販売員の人を見かけると、必ず買うことにしている。

最新号には、日本には、100万人を超えるホームレスやホームレス予備軍の人が存在すると書いてあった。若年無業者60万人、引きこもり70万人なども書いてあった。

ちょっと、関連して、インターネットで、新聞配達の収入のことを調べてみたら、アルバイトで、毎日300軒で、月6万円~7万円とあった。改めて、大変な実情を知った。

丸の内で、たまたま見かけた靴磨きのおじさんの光景から、色々な社会問題のことを思った。

|

« みかんの皮で風船を割る、ファーマーズ&キッズ・フェスタ(日比谷公園) | Main | 煩悩を手玉に取る、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« みかんの皮で風船を割る、ファーマーズ&キッズ・フェスタ(日比谷公園) | Main | 煩悩を手玉に取る、 »