« 外国語を学ぶときめき、大学生の論文の刺激 | Main | 夜明け前の静寂、 »

November 30, 2012

子供の国をのぞき見るように生きる、

世間を、子供達の国と想えば、慈悲の心が湧いて来る。大人と思うから、期待が大きく、失望や怒りも湧いて来る。

誰か、一所懸命な人を見ると、この子は、何かに取りつかれたようににと思え、その子の心の内をのぞき見る。

その、のぞき見る自分が、千の風のように、違う世界から見れれば、この世の全てが、愛おしい。

|

« 外国語を学ぶときめき、大学生の論文の刺激 | Main | 夜明け前の静寂、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 外国語を学ぶときめき、大学生の論文の刺激 | Main | 夜明け前の静寂、 »