« 全ての結果は神のもの、100%委ねる世界、 | Main | 幸せのパラドックス、出世のパラドックス、 »

November 26, 2012

人生峠の俳句茶屋、

先日、市ヶ谷アルカデイアに、国際俳句協会の大会入選作の発表会に行ってみた。

俳句の持つ寂な安らぎ、人生の耀き、人生を眺望する茶店にでもいるかのように感じた。

「蜩(ひぐらし)の集まって来る無言館」。長野県・菅平にある戦没画学生達の遺作を集めた無言館。耀いた命に、安らかな眠りを願って、蜩の声が、お経のように聴こえて来る。

「不器用に生きて八十路や花茗荷」。花茗荷は、中が空洞になって食用にはならないらしい。人生の滑稽さ、可愛らしさを感じる。

「昼顔や破船の舳(へさき)沖を指す」。壊れても尚、舟のへさきは沖を指す姿は好い。修行する人生は、今世だけではない、発心、誓願の凄さを連想させる。

「広重の絵が動き出す大夕立(おおゆだち)」。日々の営みにも潜む、人生の素晴らしさ・・・・・。

思いがけず出遭った句に、まるで、人生の峠の茶店から、人生を眺望しているかのような感覚にもなれた。

|

« 全ての結果は神のもの、100%委ねる世界、 | Main | 幸せのパラドックス、出世のパラドックス、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 全ての結果は神のもの、100%委ねる世界、 | Main | 幸せのパラドックス、出世のパラドックス、 »