« 15年以上続く、同郷のビジネス交流会の安らぎ、 | Main | 子供の国をのぞき見るように生きる、 »

November 29, 2012

外国語を学ぶときめき、大学生の論文の刺激

昨日夜、インターコンチネンタルホテルでシェルのレセプションがあり、業界の人達との交流をした。

ステージで挨拶に立った英国人やフランス人のシェルの人達が、日本語で挨拶するのに驚いた。努力して、外国語をマスターするのは、周囲で見てても敬意を感じる。

私も、アラビア語、フランス語、イタリア語などへの憧れが増した。ヒッポクラブにも入っているのだから、もう少し頑張らねばと思う。

それから、昨日は、昼、業界の若手の人達と会食していたら、産油国との関係強化についての話題になり、数日前たまたま慶應大学・三田祭で紹介して貰った経済学部のゼミ(大久保ゼミ)の論文を思い出した。

産油国は、資源に恵まれて来たが故に、他の産業が発展しないと云う不利も蒙っていることを、"Resoruce Curse(資源の呪い)"と呼んで、その解決策など論じていた。早速、私は、その論文を、業界の若手の人達にも紹介した。

学ぶことは喜び、新しい世界への扉。

|

« 15年以上続く、同郷のビジネス交流会の安らぎ、 | Main | 子供の国をのぞき見るように生きる、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 15年以上続く、同郷のビジネス交流会の安らぎ、 | Main | 子供の国をのぞき見るように生きる、 »