« 秩父の秋、 | Main | セミナーで勉強、そして立ち飲み屋、そんな一日、 »

October 16, 2012

「島が沈んだら?」と、想像することの示唆

尖閣列島、竹島、一方の国の「領土問題は存在しない」と云う、強行な外交発言。一歩も譲れない、国と国との権利の主張。政治だから、仕方ないとしても、戦争にだけはならないような賢さ、智恵をを持って欲しいと思う。

何だか、人間の愚かさ、滑稽さなども感じてしまう。

島が、地震などで沈んでしまったら、喧嘩する対象物が無くなって、お互いに、拍子抜けして、笑顔が戻るかも知れない。

無一物の安らぎを想う。

所有は、全ての苦しみ、悲しみの始まり。

|

« 秩父の秋、 | Main | セミナーで勉強、そして立ち飲み屋、そんな一日、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 秩父の秋、 | Main | セミナーで勉強、そして立ち飲み屋、そんな一日、 »