« 旅の出会い、遠藤周作と長崎、 | Main | 喜びと悲しみを同時に見る、 »

September 01, 2012

岩手・遠野、民話の里、 サイクリングの旅、

今日は、久しぶりにJRの割引・大人の休日クラブ を利用して岩手・遠野へサイクリングのイヴェントに参加することにした。 朝07:16 の東京駅発・新幹線に乗る私も、朝に強いなーと 我ながら苦笑する。朝10:00には、新幹線は新花巻に到着する。

もう、午後には、昨日までとの会社時間とはうって変わって、遠野時間に入る。河童が居そうな川や、山里の風景を想い描く。 遠野は民話の故郷、是非一度行きたいと希望していた場所。

どんなところだったか、私は、私の心の中の両親に話すだろう。

生きて来たからこそ、こんな素晴らしい境地を味わえるのだから、両親へ報告するのは当たり前。

両親と云うより、もう宇宙の意思の様な、神の様な、普遍的な存在が近いとも思う。

神も微笑む、私も微笑む。

|

« 旅の出会い、遠藤周作と長崎、 | Main | 喜びと悲しみを同時に見る、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 旅の出会い、遠藤周作と長崎、 | Main | 喜びと悲しみを同時に見る、 »