« どちらでも好い、それは凄い境地だと思う、 | Main | 釜石を歩く、 »

September 04, 2012

風呂上がりのシッカロール(天花粉)

私は、家に居る時は、毎朝シャワーを浴びることを日課としている。

夏の日、シャワーや、入浴の後の、シッカロール(天花粉)が、私は、たまらなく好きだ。

子供時代に、バンザイして、天花粉を塗って貰っていたことをいつも、ほのぼのと想い出す。

子供時代の、穏やかな、湯上りの、清々しさが、天花粉には、込められている。

そこには、母の姿も見える。

(2012年8月31日の記)

|

« どちらでも好い、それは凄い境地だと思う、 | Main | 釜石を歩く、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« どちらでも好い、それは凄い境地だと思う、 | Main | 釜石を歩く、 »