« 昔あったずもな♪、河童の淵の光景、 | Main | 草の中のバッタを触ったのは、何十年振りだろう、 »

September 07, 2012

ボンヤリとしている時間、その背後

喜びと引き換えに時間を失う。 悲しみと引き換えに悲しみが削られる。 人生は、自然界は、結構バランスが取れているものだとも思う。

喜びでもなく、悲しみでもない時間。 それは、ボンヤリとしている時間。 それは素晴らしい宝石のような時間かも知れない。

例えば、会社の帰りに、ただ、トボトボと駅から家への夜道を何も考えずに歩く。 そんな時間は、時間も空間も超越しているようにも思えて、私にとっては、ちょっとした気づきだった。

幸せとか不幸とか、そんなギラギラした執着は意識にものぼらず、ただボンヤリと、景色を眺める時。そんなボーとした、大切な意味など無い、合間のような時間がよくある。

縦でも無い、横でも無い、上がる訳でも無い、下る訳でも無い、そんな中間の境地は、永遠に通じるものだと思う。

吐く息と、吸う息の交わる境界の領域の永遠性。何か崇高な、領域を感じる。

|

« 昔あったずもな♪、河童の淵の光景、 | Main | 草の中のバッタを触ったのは、何十年振りだろう、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 昔あったずもな♪、河童の淵の光景、 | Main | 草の中のバッタを触ったのは、何十年振りだろう、 »