« 長崎・JR浦上駅前の居酒屋の写真 | Main | 岩手・遠野、民話の里、 サイクリングの旅、 »

August 31, 2012

旅の出会い、遠藤周作と長崎、

作家・遠藤周作と三浦朱門が、二人で長崎を旅した時のことを、遠藤周作は、1972年、新聞のコラムに"ご縁"と題して書いている。

長崎のしゃれたレストランで、たまたま、店に居合わせた二人のお嬢さんに、長崎の土産物を聞いたこと、そして、土産物を買ったあとも、そのお嬢さんのお母さんから電話で、寿司屋さんまで紹介して貰った想い出を、旅の感動の想い出として綴っていた。

「私があの日、あのお嬢さんに会わず、そして田中さんご一家と知りあいにならなければ、私にとって長崎は、美しい可愛い街ではなかっただろう。だが、田中さんご一家と知りあったため、私は長崎が好きになり、長崎のキリシタンを勉強し、やがて、"沈黙"と云う小説を完成することが出来た」と。

私にも、旅のそんな、ほのぼのとする出会いがあることがわかる。 人生は縁に包まれている。 そして、その縁は、自分の魂が引き寄せている。

|

« 長崎・JR浦上駅前の居酒屋の写真 | Main | 岩手・遠野、民話の里、 サイクリングの旅、 »

Comments

善因善果という熟語を思い出しました。
私も善因となるよう努めなければなりません。

Posted by: 日高茂和 | September 01, 2012 at 09:36 AM

日高さん、長崎外海町から五島列島を見ました時、日高さんのご出身でらっしゃったこと想い出しました。

Posted by: life-artist | September 04, 2012 at 08:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 長崎・JR浦上駅前の居酒屋の写真 | Main | 岩手・遠野、民話の里、 サイクリングの旅、 »