« 大極、中道、のイメージに浸る | Main | 長崎との"えにし"、外海町、母子島(はこじま) »

August 22, 2012

生きても死んでも変わらないもの、人間の七識・八識、

通常云う人間の死とは、五感六識の崩壊を云う。

生きても死んでも変わらないものがあると云う。それが、人間の持つ(潜在意識)七識・八識。 それは光を求める。
そこに、修行をする所以がある。

私の気分が薄くなって行く度に、外の世界が一歩一歩、私に近付いて来る。"自他一如"の世界に向って行く。

生きても死んでも、びくともしないものがあると知ることは、安らぎ。修行の励み。

生まれ代わり、死に代わり、清々とした修行の道のり。

(8月17日ー19日、天城坐禅合宿の時の学び、気づきの記録、8月19日の記録)

|

« 大極、中道、のイメージに浸る | Main | 長崎との"えにし"、外海町、母子島(はこじま) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 大極、中道、のイメージに浸る | Main | 長崎との"えにし"、外海町、母子島(はこじま) »