« 龍安寺の石庭、逸脱の美学、無造作の中の調和、 | Main | 「方丈記」は無常を超えて、 »

July 04, 2012

宇都宮城、水鉄砲合戦・参加者募集中のポスター、

先日、東京で会社終業後、那須での研修の前日の小さな旅に、北千住から東武宇都宮線で宇都宮へ向った。

宇都宮の少し手前に、「おもちゃのまち」と云う駅があって驚いた。栃木県の壬生町は、玩具メーカーの町で、そんな名前に正式にしていると云う。

翌朝、宇都宮城・城址を訪れた。宇都宮氏は鎌倉時代から安土桃山時代まで500年も続いた家だと云う。城は戊辰戦争で焼けたと云う。城址入り口には、6月30日"水鉄砲合戦"参加者募集中のポスターが貼ってあって、心が和んだ。

東武宇都宮駅前の大きな眼科医院のビルの外壁には、大きな目の検診のマークが描かれていて、それは48メートル先から見て、検診するように描かれていると解説されていた。通行人が、立ち止まって、一瞬、目の検診の遊びを楽しめるとは、粋な遊びだと笑った。

JR宇都宮駅前のレンタサイクルは1日、100円。田川沿いを走ったり、県庁展望フロアから宇都宮市内の全貌も眺めた。

那須へ向う、途中下車の小さな旅。餃子の街、宇都宮。初めての宇都宮の旅だった。

|

« 龍安寺の石庭、逸脱の美学、無造作の中の調和、 | Main | 「方丈記」は無常を超えて、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 龍安寺の石庭、逸脱の美学、無造作の中の調和、 | Main | 「方丈記」は無常を超えて、 »