« 朱鷺を見守る人間のように、 | Main | 同窓の子孫達では、そんな勘違いも好い »

July 14, 2012

子供の世界を感じながらの通勤、

通勤途中の駅への道で、時々、幼稚園児のスクールバスの乗車風景を見かける。

そのマイクロバスの車体には、"おおたにがくえん"、"幼児バス"とか書かれている。可愛いウサギの絵や、小鳥が花びらをくわえて飛んでいる絵もある。

並んだ窓々からは、窓々にちょこんと並んで、あどけない顔で、外を眺めている幼児達の顔も見える。

何かアニメーションの映像を見ているかの様に可愛く想う。私の娘も、スクールバスに乗っていた時代の光景が蘇る。

思わず、手を振りたくなる。

もし、幼児達が気づくように大きく手を振ったら、変なおじさんと思われるだろうと、おしとどまる。

先日、そんな光景の中を歩き、電車に乗ると、河川敷のそばの道で、幼児が電車に声を出して、手を振っていた。幼児の世界を一杯に感じながらの通勤、そんな日もある。

|

« 朱鷺を見守る人間のように、 | Main | 同窓の子孫達では、そんな勘違いも好い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 朱鷺を見守る人間のように、 | Main | 同窓の子孫達では、そんな勘違いも好い »