« 都会の山小屋、子供時代の憧れ、一人の棲家と云う発想、 | Main | 初めて見る自生のホタル、生田緑地、 »

July 01, 2012

囲炉裏端で民話を聴く会、

私は、ずーっと、囲炉裏端で民話を聴く体験に憧れて、まだその機会がなく、情報を捜していた。

最近、那須での研修に行く途中で立ち寄った宇都宮の、旧篠原家住宅(明治時代の醤油屋さん)で、栃木の民話を語る会の方が、毎月2回、民話の集いを開いてらっしゃることを知った。

そして、東京・向ヶ丘遊園近くの生田緑地の中にある、民家園(沢山の江戸時代の古民家の展示)の囲炉裏端でも、時々、日本昔話を、語りの会の方がやっておられることを昨日初めて知った。

立て続けに、民話を聴く会の情報を得て、私は、大喜びだった。

やっと、囲炉裏端で、民話を聴く夢が実現しそうになった。

古民家の、暖かい飴色の木目の耀き、囲炉裏の匂い、そんな中で、お国言葉の民話の語りに耳を傾ける。

何とも云えない、人生のノスタルジアではないかと想う。

|

« 都会の山小屋、子供時代の憧れ、一人の棲家と云う発想、 | Main | 初めて見る自生のホタル、生田緑地、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 都会の山小屋、子供時代の憧れ、一人の棲家と云う発想、 | Main | 初めて見る自生のホタル、生田緑地、 »