« 中東講座、そして山元学校、驚きに満ちて、 | Main | 朱鷺を見守る人間のように、 »

July 12, 2012

1週間の命、蝉、ホタル、パンダの赤ちゃん、

昨日は上野動物園のパンダの赤ちゃんが死んだニュースが流れた。たった1週間の命だったが、多くの人達が誕生に喜び、また昨日は多くの人達が悲しんだ。

生まれたばかり時のニュース映像の、"ビー"と云う鳴き声を想い出す。

1週間の命、短かかったが、蝉(鳴く期間)と比べると短くない、ホタル(成虫として飛ぶ期間)と比べると短くない。

生まれたパンダの赤ちゃん自身は、ただ生まれて、ただ死んで、周りのことは何も知らないままだったろう。でも日本全体は、ちょっと違った1週間だったと想う。

周りでは、多くの人が喜び、多くの人が悲しんだことを、パンダの赤ちゃんは何も知らなかっただろう。

人間も、自分が知らないところで、喜びを与えたり、悲しみを与えて生きているのだろうと想った。

|

« 中東講座、そして山元学校、驚きに満ちて、 | Main | 朱鷺を見守る人間のように、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 中東講座、そして山元学校、驚きに満ちて、 | Main | 朱鷺を見守る人間のように、 »