« 禅の真髄、ただ坐る、五感を越える世界、 | Main | 原発事故現場作業員の方の言葉、雑誌Big Issue6月1日号、 »

June 10, 2012

気体となって、執着に遊ぶ、風のように、

「無我」とは、目の前に立てた一本の指に、宇宙一切が凝縮して飲みこまれてしまうようなもの。

全部飲みこむから、変化しようが無い。時空は存在しない。

「無我」を知れば、執着に遊ぶことができる。

執着は、"個"があるから生まれる。

人間は固体ではない、エネルギー体。エネルギー体は、波動として宇宙一杯に広がっている。

身体を持った人間は、生き死にと云うより、固体(粒子)から気体(波動)、気体から固体へ単に転生していると云った方が科学的には正しい。

人間の生まれる前の途方もない長さ、肉体が死んでから後の、果てしない長さ、生きている間の業(執着)なんて、吹っ飛んでしまう。

目の前に立てる一本の指、「一指頭(いっしとう)の消息」、個体たる人間が、気体となって宇宙一杯に広がる。

昨日、住職の立てた一本の指には、宇宙がすっぽり飲みこまれていた。生きてもいない、死んでもいない世界が広がる。

|

« 禅の真髄、ただ坐る、五感を越える世界、 | Main | 原発事故現場作業員の方の言葉、雑誌Big Issue6月1日号、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 禅の真髄、ただ坐る、五感を越える世界、 | Main | 原発事故現場作業員の方の言葉、雑誌Big Issue6月1日号、 »