« 去年夏に見た長岡の花火が、昨日完結した想いに浸る、 | Main | 禅の真髄、ただ坐る、五感を越える世界、 »

June 08, 2012

B29のパイロットへの犠牲者の言葉、長岡花火物語、

終戦の年、昭和20年8月1日夜の長岡の上空に125機ものB29爆撃機が現われ、16万発余もの焼夷弾を落とし、長岡は火の海と化し、約12、000戸の家々が消失、1、480人が亡くなった。その犠牲者を弔うために長岡花火は毎年、曜日には関係なく必ず、8月2日・3日に打ち上げられる。

その空襲の夜、1歳半の赤ちゃんの女の子を背負って、炎を逃れて柿川へ入った母親。その日沢山の人が柿川でも亡くなった。灼熱の中、死んで逝った赤ちゃんの子供の命日が8月2日。そんな日に空に舞う花火。

今年3月15日、87歳で亡くなられた七里アイさんは、長岡の花火は、「嫌いらね」と、よく新潟弁で云ってらっしゃったと云う。

その彼女が晩年に、云った言葉、「飛行機からは、私達が見えなかったんです。見えなかったから戦争になったんです。でも、どんなに離れていても、見える力を私達人間は、持っているんですよ」。

この言葉に、私は神を見る想いだった。

七里アイさんも、解脱された人"妙好人"でらっしゃったんだと確信した。

|

« 去年夏に見た長岡の花火が、昨日完結した想いに浸る、 | Main | 禅の真髄、ただ坐る、五感を越える世界、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 去年夏に見た長岡の花火が、昨日完結した想いに浸る、 | Main | 禅の真髄、ただ坐る、五感を越える世界、 »