« 利他のよろこび、日本理化学工業との出会い、仏縁 | Main | 永遠の援助とは、飢えはまた戻って来る、 »

June 16, 2012

「両親に贈りたい旅26選」、安らいで、自分が消えて行くような旅、

書店で見かけた、「両親に贈りたい旅26選」(A-Works発行)の書籍は、人生で夢のような旅の情景が掲載されていた。これらの旅は、写真を見るだけで、ワーとため息をつくほどのメルヘンの世界になれる。

(1)中国・100もの湖泉の奇跡の色彩の山奥の秘境"九塞溝(きゅうさいこう)"、(2)タヒチの水上コテージ、(3)蜂蜜色に耀く英国の美しい村"コッツウオルズ"、(4)海に浮かぶ幻想の城、フランス、モンサンミッシェル、(5)ハワイの島々の海にかかる虹、

(6)悠久の歴史、ナイルを往く、エジプトの旅、(7)降龍伝説、水墨画のようなベトナム、ハロン湾、(8)レトロな街並みの台湾のグルメ旅、(9)息を飲むカナデイアンロッキー、(10)巨大な一枚岩のエアーズロック、豪州、

(11)ジャングルの中の偉大なる王都、カンボジア、アンコールワット、(12)地球の鼓動を感じる野生の王国、南アフリカ、(13)地球・宇宙からの贈り物オーロラの旅、カナダ、(14)永遠の都、ローマの休日、(15)地球が生んだ芸術、ニュージランド、

(16)文明の十字路イスタンブール、奇岩群カッパドキア、トルコ、(17)世界最大の建築、万里の長城、(18)神々の島、インドネシア、バリ島、(19)キャンピングカーで往くアメリカ西部の旅、(20)オリエンタルエクスプレスで往くマレー半島縦断の旅、

(21)天空のトレッキング、ネパール・ヒマラヤの旅、(22)縄文杉の島、神秘の島・屋久島、など・・・・・であった。

これらの場所の内、いくつか訪ねられたら、人生に乾杯、バンザイ三唱ではないかと思う。生命への感謝、宇宙への感謝、そして、大自然に自分が溶け込んで消えて行くような安らぎ。

そして、この文章を書いて、約1時間後、27番目の場所が、私の"今いる場所"であることに気づいた。それは、26選の場所を全部、飲み込んだ場所が、「今ここ」に、目の前にあることだった。 それに気づかずして、住職の元、修行している意味がない。

|

« 利他のよろこび、日本理化学工業との出会い、仏縁 | Main | 永遠の援助とは、飢えはまた戻って来る、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 利他のよろこび、日本理化学工業との出会い、仏縁 | Main | 永遠の援助とは、飢えはまた戻って来る、 »