« 太極の道、禅の道、 | Main | 青春時代の動画のような、そして大自然の美、 »

May 15, 2012

「~に似たもの」、名前からの解放、個からの解放、

「~に似たもの」と、云って全てを見ていけば、ものの名前が消えて行くと、住職に教わった。

鏡を見て"私に似たもの"、時計を見て"時計に似たもの"、お酒を見て"お酒に似たもの"、・・・・、実体は何か????、

分け隔ての無い「存在」に行き尽くように思う。

ダイヤモンドも石ころも同じ。

"全てが同じ存在"になった時、それは「無我」。

「無我」は、安らいでいる。絶対的に安らいでいる。

ただ、「~に似たもの」と、つぶやいて、外界を見て行けば、空が見えて来るような気がする。それは、「色即是空」を感じるための、入り口の言葉。

「色即是空・空即是色」とは、「波は大海、大海は波」と唱えていることか。「~に似たもの」、安らぎの言葉。

|

« 太極の道、禅の道、 | Main | 青春時代の動画のような、そして大自然の美、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 太極の道、禅の道、 | Main | 青春時代の動画のような、そして大自然の美、 »