« 三浦一族鎮魂祭、道寸祭り、平安・鎌倉絵巻、 | Main | 終末糖化酸化物、"AGE"とは、 »

May 29, 2012

良寛さんの言葉や、人生の田原坂、

昨日、深夜、比較的大きな地震で目が覚めた。暫く揺れは続いた。

それでも、別に、床から起きずに、電気もつけづ、時間も確かめなかった。床の中で、静かに想った。

良寛さんの言葉. 「災難にあう時節には災難に あうが良く候、. 死ぬる時節には死ぬるが良く候、. すなわちこれ災害を逃るる妙法にて候 。」

そして、また、ひと寝入り。

何とか、今日も生きて目が覚めたかと、あり難く想う。

今朝、先日、熊本で買った田原坂の本を、パラリとめくると、「人生の田原坂は断じて越すのです。」と著者の言葉が書き添えられていた。

「人生の田原坂」、越すに越されぬ、苦戦の戦い。そうだな、その覚悟は、鼓舞されるなーと想う。

前途ある若者、先人達を飲み込んでしまった田原坂、つい先日訪れた、花の咲き乱れる美しい丘の情景も想い出す。

|

« 三浦一族鎮魂祭、道寸祭り、平安・鎌倉絵巻、 | Main | 終末糖化酸化物、"AGE"とは、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 三浦一族鎮魂祭、道寸祭り、平安・鎌倉絵巻、 | Main | 終末糖化酸化物、"AGE"とは、 »