« 家光の梅、水戸浪士、西郷・勝海舟、愛宕神社の昼休み | Main | チャンネルの切り替えのように、一元論の領域へ、 »

May 10, 2012

"新型うつ"の話に驚き、

昨日深夜番組で、"新型うつ"の話を初めて知った。たまたま就寝後、深夜に目が覚め、つけっ放しで寝ていたTVで、食い入るように見てしまった。

小学生が書くような悪口ノート、周りにちょっとしたことでムカつく、批判っぽく、すぐ怒る、社会・会社に適応できなく、"うつ"を理由に会社を休職してしまう。そして、旅行や遊び、ブログなどでは活動的だと云う。

心理学者・精神科医は、これを精神的な幼さと云っていた。いい子供で育って来た家庭環境で、打たれ弱いのだそうだ。

その"新型うつの体験者"の人からのメッセージは、甘えや怠けと決め付けないで欲しいと云うことだった。

全てを人のせいにする生き方は、さぞ辛かろう。仏性(自他一如)の正反対なのだから。

同じように、全てを自分のせいにするのも辛かろう。自他の区別の中にこそ、苦しみ、悲しみが存在する。

|

« 家光の梅、水戸浪士、西郷・勝海舟、愛宕神社の昼休み | Main | チャンネルの切り替えのように、一元論の領域へ、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 家光の梅、水戸浪士、西郷・勝海舟、愛宕神社の昼休み | Main | チャンネルの切り替えのように、一元論の領域へ、 »