« かなしみもみんなおぼしめし、宮沢賢治 | Main | 低年収ほど幸せの怪、 »

April 28, 2012

"死ぬのはガンに限る"、中村仁一医師著、驚嘆する新刊

最近の日経新聞の新刊広告に度肝を抜かれた。

「大往生したけりゃ医療とかかわるな」(幻冬舎新書)に、"死ぬのはガンに限る。但し治療はせずに。"と紹介してあった。

"死は苦でなく楽だった。""医療が穏かな死を邪魔している。" "出きるだけ手を尽くすは、出きるだけ苦しめる。"

"食べないから死ぬのではない。死に時が来たから食べないのだ。""ガンは完全に放置すれば痛まない。"

"ガンで死ぬんじゃない。ガンの治療で死ぬのだ。"

とにかく、"死ぬのは、ガンに限ると"いう表現はスゴイ。何故か、禅と繋がる思想も感じる。

|

« かなしみもみんなおぼしめし、宮沢賢治 | Main | 低年収ほど幸せの怪、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« かなしみもみんなおぼしめし、宮沢賢治 | Main | 低年収ほど幸せの怪、 »