« 「飛び立つ鳥」からの気づき、「無我」を垣間見る、 | Main | 作務(作業)も、大切な修行、 »

April 25, 2012

"H2O"の粒が地球の中心へ、ロボット博士・森正弘先生の自在学

昨日、「頭の自遊自在学」(NHKプロモーション)と云う森正弘先生(ロボット博士)の著書を読んでいて、多くの心地好い驚きを発見した。

"自在学"を提唱されてる先生らしく、言葉をはずす練習に、雨を見ても雨と思わない。 「H2Oの粒が地球の真ん中へ移動している」と見る。これだけで、雨に関する自分の印象が自在に変わる。

先生はものを静止した状態ではなく、「流れ」でとらえる発想を提唱されている。例えば、健康と云えば西洋医学では"病気でないこと"、東洋医学では"病気にかかっていても、回復力さえあれば健康"と見る。東洋では「流れ」の中でとらえている。まさに諸行は無常なりの中でとらえている。

「離れて」ものを見ることの大切さを説いておられる。「離れる」と云う言葉の反対は「執着」。執着は認識を誤らせる。

「無」とは何も無いと云う訳ではない。持ってはいるんだけど、何でも入ると云う持ち方のこと。

哲学カフェで何回かお会いした先生が、こんな素晴らしい本も書いておられたとは、改めて驚いた。

|

« 「飛び立つ鳥」からの気づき、「無我」を垣間見る、 | Main | 作務(作業)も、大切な修行、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「飛び立つ鳥」からの気づき、「無我」を垣間見る、 | Main | 作務(作業)も、大切な修行、 »