« 民話を聴く会の情報に歓喜、 | Main | 芝増上寺、三解脱門をくぐる、 »

March 07, 2012

"増上縁"、無我の世界を感じる大安心の縁、

最近、住職から増上縁に就いてのメールを頂き、改めて、仏教に於ける四縁を調べてみた。

"因縁(いんねん)"は、直接の因果関係の縁で分かりやすい。好いことすれば、好い結果。

"等無間縁(とうむけんえん)"とは、前の心からの縁、すぐ過去との切り離せない縁。

"所縁縁(しょえんえん)"とは、心の対象によって生じる縁。心の執着がもたらす縁。

そして、"増上縁(ぞうじょうえん)"とは、自分以外の全ての存在との縁。よきにつけ悪しきにつけ。自然災害との縁、事故、または、思いがけない幸運なども。全ての存在が繋がっている縁。

"増上縁"とは、全ての存在と、切り離しようがない縁。今生の別れなど、粉砕してしまう縁。

芝の増上寺でしか知らなかった、増上と云う言葉にそんな意味があったのかと、改めて嬉しくなった。そう云えば、私が勤務するオフィスの近くの増上寺では、今、法然上人800年祭が披かれている。法然上人さえも、身近に感じる縁かとも思う。

別れや、孤独や、寂しさを粉砕する縁、増上縁。無我の世界、自他一如の世界。増上寺が、一段と耀いて見える。そうだ、今日、昼休み、是非、増上寺へ行ってみようと思う。

|

« 民話を聴く会の情報に歓喜、 | Main | 芝増上寺、三解脱門をくぐる、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 民話を聴く会の情報に歓喜、 | Main | 芝増上寺、三解脱門をくぐる、 »