« 「お母さんが好き、お母さんを助けてあげたい、・・・・ 」 | Main | 「雑念・妄想」、 「印象・気分」、 »

February 03, 2012

生命は太古から、ぶっ通しに繋がって、自分は単なる点、

人生の始まりと終わりは、記憶の始まりと終わりのようにも思える。死ねば、すべて記憶がなくなることで、恐怖も生まれる。

だが、ひよことアヒルの子が池のそばで歩いていると、アヒルの子は、誰が教えたり、しなくても、水に飛び込める。

これは、生命が、物理的に生まれて死ぬ単位ではなく、太古の昔からぶっ通しで続いて来た証拠。

こんな例で、住職は、生命の永遠性の一端を、垣間見させてくれた。

無限に続く生命の一点。

肉体の死は,魂の衣替えに過ぎない。魂は誰しも等しく、仏性。

|

« 「お母さんが好き、お母さんを助けてあげたい、・・・・ 」 | Main | 「雑念・妄想」、 「印象・気分」、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「お母さんが好き、お母さんを助けてあげたい、・・・・ 」 | Main | 「雑念・妄想」、 「印象・気分」、 »