« 12歳の女の子の衝撃、拉致問題 | Main | 母が宇宙になる時、 »

February 21, 2012

"はやぶさ"の帰還と思えば好い、

先日、小惑星探査機"はやぶさ"の映画を見て、色々な人生への示唆を受けたような気がした。

宇宙を60億キロ旅して、7年後に地球に帰還したことの凄さ。

その長い旅も、地球からの必死の管制塔からの指示があったからこそ。

一時、行方不明になって宇宙の塵にもなりかけ、満身創痍、ボロボロになって、やっと地球に帰って来た。

人生に擬えると泣けて来る。

管制塔は、両親、仏性。地球への帰還とは、死のこと。仏性へ帰ること。そんな一生なら素晴らしい。

這いつくばってでも、地球へたどり着く。人生は、"はやぶさ"の帰還。

宇宙から見た地球の美しさを想う。

|

« 12歳の女の子の衝撃、拉致問題 | Main | 母が宇宙になる時、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 12歳の女の子の衝撃、拉致問題 | Main | 母が宇宙になる時、 »