« 仏性の証明、弥咲(みさき)ちゃん | Main | 自由と安らぎを求めて、 »

February 09, 2012

「身体を持つことは不便なこと」、スワミ・ヴィヴェーカナンダの言葉

インド哲学、仏教、禅の根本思想などをわかり易く説いたスワミ・ヴィヴェーカナンダは、表現力の天才でもあったのだと思う。

住職が、長年修行して来た禅が、ヴェーダンダ哲学と同じだったと、完璧に結び付けてくれたのが、ヴィヴェーカナンダであったと云う。

ヴィヴェーカナンダは、「身体を持つ事は不便なこと、私は身体を捨てて働く」と云っていたとのこと。宇宙の真理は、自己犠牲と云う菩提心そのもの、即ち自他一如。

彼は、肉体的な死にかかわらず、菩提心に於いて生き続けることを知っていたが故に、肉体など不便なものと云い放てたのだと思う。身体は、五感六識に振りまわされるカルマを包む、単なる皮のようなものと云う感じだったのだろう。

彼は、身体を捨てて働いている。今も、住職は、ヴィヴェーカナンダがこの世にいるかのように、ヴィヴェーカナンダの教えを説かれている。私も、ヴィヴェーカナンダと会話してる気持になれる。

それは、スワミ・ヴィヴェーカナンダは、身体を捨てて働き続けていることに他ならない。

|

« 仏性の証明、弥咲(みさき)ちゃん | Main | 自由と安らぎを求めて、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 仏性の証明、弥咲(みさき)ちゃん | Main | 自由と安らぎを求めて、 »