« 「雑念・妄想」、 「印象・気分」、 | Main | 今日は聖なる日、突き放す愛、 »

February 05, 2012

生きる苦しみ、そして冬の日の陽だまり、

先日訪れた小田原の妹に、生老病死の中で、生の苦しみとは何か?と問われた。

母の体内から生まれ落ちた時に、母と一緒の大安心の世界から、自己と母親とが分離し、別れる苦しみが始まると、云う喩えを想い出した。

生まれてから、その後、ずーっと人間は、何かに執着して生きて行く。

生きる苦しみとは、即ち、その正体は「執着」。

「大死一番」、せねば、執着から解き放たれない。

自己の救済を求めないのが菩薩。自と他の区別なき世界が無我。

無我でなければ、生きる苦しみから逃れられない。無我とは、執着することが消えた瞬間。だが、それは、元に返るだけのこと。

住職は、冬の日の陽だまりの,何も考えない、ぼんやりした時間のようなものと、イメージさせてくれた。

|

« 「雑念・妄想」、 「印象・気分」、 | Main | 今日は聖なる日、突き放す愛、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「雑念・妄想」、 「印象・気分」、 | Main | 今日は聖なる日、突き放す愛、 »