« 一生の内に出逢える人の確率、0.000013%、 | Main | 恐竜絶滅の日、降り注ぐ火の玉、 »

February 18, 2012

自己救済の難行・苦行の果てに、

お釈迦様は、自分自身の悩み・苦しみを解決しようと思って、全てを捨てて出家された。

そして、6年間の難行・苦行しても、悟ることができなかった。

しかし、その難行・苦行の果てに、スジャータとの出会いに、悟り・解脱のヒントがあった。村の女性、スジャータにめぐんで貰った乳粥(かゆ)を口にして、身体中にエネルギーが満ち溢れるのを感じた。

全ては、縁に於いて存在することに気づかれた瞬間であった。悟りの瞬間であった。

先日、龍運寺での、小峰弥彦・前大正大學・学長の講話に中で聴いた、印象深い気づきだった。

|

« 一生の内に出逢える人の確率、0.000013%、 | Main | 恐竜絶滅の日、降り注ぐ火の玉、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 一生の内に出逢える人の確率、0.000013%、 | Main | 恐竜絶滅の日、降り注ぐ火の玉、 »