« 無心に歌う、「シャボン玉」の歌 | Main | 「絶後に蘇る」、夕日に蘇るような光景、 »

February 15, 2012

また、ひとつの春の別れ、娘の新たな旅立ちの日、

この一年くらい、同居していた娘が、新たな転職先の配属が神戸に決まり、昨日、静岡での2週間の研修に出発した。

昼の新横浜発の新幹線で研修に出発する娘と、朝、父と娘の会話をした。

思いっきりの祝福の言葉をかけてやった。

また再び、親と同居する日が来るのかは、もう定かではない。娘は気づかないだろうが、娘とのひとつの別れの日になったことを想う。娘にとっては、新しい仕事の環境に慣れるために、緊張の日々が始まるだろう。

朝の浴室・洗面所を、お互いに出勤前に、私と、朝の時間帯を分け合って使っていたことが、明日からは、きっと懐かしくなるだろう。

そう思うと、昨日、会社で、ちょっと、物悲しい気持にもなったが、仕事で気を紛わせた。

昨日、研修に出発する娘から貰ったバレンタインデイのプレゼント。私にとっても、娘にとっても、人生の節目の日の想い出。

|

« 無心に歌う、「シャボン玉」の歌 | Main | 「絶後に蘇る」、夕日に蘇るような光景、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 無心に歌う、「シャボン玉」の歌 | Main | 「絶後に蘇る」、夕日に蘇るような光景、 »