« 生きる苦しみ、そして冬の日の陽だまり、 | Main | 人が咲かせる花、それが笑顔 »

February 06, 2012

今日は聖なる日、突き放す愛、

今日は、亡き母の誕生日でもあり、住職の誕生日でもある。

母の誕生がなければ今の私は無い。住職との出会いがなければ、今頃、私は人生に彷徨い、苦しみの泥沼におちていたかも知れない。

母は、優しくも突き放して、優しさと厳しさの同居したような育て方だった。今では、根性も、脆さも、母ゆずりの自分に苦笑するほど。

住職は、講話をしつつも、いつも釈迦の言葉を引用される。釈迦は弟子達に云ったと云う。「自分について来るな。自分の中に神を見出せと。私が見出したように。」

「突き放す愛」、この愛を感じてこそ、人は、強く生きて行ける。

今日は、そんな、私の人生の指針を与えてくれた母と、住職の誕生日。心静かに、今生の出会いに感謝し、更なる精進を誓う。


|

« 生きる苦しみ、そして冬の日の陽だまり、 | Main | 人が咲かせる花、それが笑顔 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 生きる苦しみ、そして冬の日の陽だまり、 | Main | 人が咲かせる花、それが笑顔 »