« 自他一如、無我へ向かうと云うこと、 | Main | ロシア流の壮行の儀式、黙って向かい合って目を閉じて沈黙の時間 »

January 26, 2012

大学時代のクラブの後輩、シェル元CEOと3人の記念写真、

昨日は、ホテルオークラで開催された石油関連の国際セミナーに出席し、シェルの元CEOや、OPEC事務局などの講演を聴いた。

夜、のレセプションでの出来事。何と、大学時代の民族舞踊研究会で、大手銀行に入った筈の後輩と偶然会場で会ってびっくり。何故と思ったら、最近、関連の大手プラント会社の役員になって、このような石油のセミナーに出席していたとのこと。この後輩とは、大学卒業以来2回も、偶然に会った。もう一度は、1991年頃、アブダビから休暇で豪州へ旅行中、シドニーで、偶然にも、この後輩に会い、この時も驚いた。彼は、その時、日本から出張中で、不思議な縁があるものだと思った。

そのプラント会社は、LNGのプラントなどでも、有名でもあり、レセプションで近くにいたシェルの元CEOと3人で、話したり、記念写真。

来日中のシェルの元CEO(オランダ人)と、話したり、記念写真を撮るのも、全く思いがけない出来事だった。世界の石油メジャーのシェルやエクソンやBPの、そのシェルのCEOと記念写真など、初めての光栄だった。

「シェルの元CEO、大学時代のクラブの後輩、私」の3人の写真、この記念写真を、帰りに何度も、何度も、繁々と眺めた。朝、出勤する時は、このような写真を撮る日になろうとは、夢想だにしなかった。

縁は、人を引き離したり、人を会わせたり。日々の神秘的とも思える、新鮮な展開を思う。

|

« 自他一如、無我へ向かうと云うこと、 | Main | ロシア流の壮行の儀式、黙って向かい合って目を閉じて沈黙の時間 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 自他一如、無我へ向かうと云うこと、 | Main | ロシア流の壮行の儀式、黙って向かい合って目を閉じて沈黙の時間 »