« 100万本のバラを初めて聴いた時、1990年アブダビ、 | Main | 2011年暮れ、光のページェント、 »

December 05, 2011

力道山の涙、

戦後の日本人をの心を鼓舞し続けたプロレスラー力道山。子供の頃、私も、金曜日夜8時からのTV・三菱ダイヤモンドアワーで、プロレスを父と興奮して、見ていた。彼は空手チョップがあり、絶対に負けないほど強かった。父は、TVの前で、座っていられず、立ち上がって見ていた。

その力道山が、昭和38年、現役時代に39歳で突然、暴漢に刺された事件で亡くなった。

最近、力道山の奥さん(田中敬子さん、70歳)が、語ったインターネット記事を読んだ。

「婚約が決まり、彼が朝鮮の出身だと初めて打ち明けられた時、主人の涙を見ました。泣いたのを見たのは、私がプロポーズを承諾した時と、2回だけです。」

何かジーンと来た。彼は、重い重い荷物を背負って生きていたのだ。

それでも、あれだけ力強く、戦後の日本全体を、元気付けてくれて、心から有難うと云いたい。

あんなに強かった力道山が、2回泣いたんだと、しみじみと、力道山の人生を想った。

(2011年12月3日AM・記載)

|

« 100万本のバラを初めて聴いた時、1990年アブダビ、 | Main | 2011年暮れ、光のページェント、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 100万本のバラを初めて聴いた時、1990年アブダビ、 | Main | 2011年暮れ、光のページェント、 »