« クリスマスの朝、娘のパソコンにて、 | Main | 「皇国の興廃、この一戦にあり」、死ぬ覚悟 »

December 25, 2011

クリスマスの夜の禅の講話

禅は集中ではない。心の統一でもない。ただ、何もしないのが禅。究極の禅の境地の話が心地好い。

「生滅」に対峙して、滅して、滅して、滅して行くか、生じて、生じて、生じて行くか、いずれを見るか。滅ばかりを見てはならない。

薪が灰になるのではない。薪は薪、灰は灰。解脱した人は、過去を引きずらない。未来も願わない。

全てを経験して来た人は、やがて放棄が始まる。執着がなくなって行く。

無執着という静寂の世界。見つつ見ず、「かくの如く、それを見ない」世界。

全てが仏。一切は仏。

クリスマスの夜、住職の話に聴き入った。2011年の暮れ、静寂の境地に憧れる。

|

« クリスマスの朝、娘のパソコンにて、 | Main | 「皇国の興廃、この一戦にあり」、死ぬ覚悟 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« クリスマスの朝、娘のパソコンにて、 | Main | 「皇国の興廃、この一戦にあり」、死ぬ覚悟 »