« オレンジカクテルにパイナップルが加わって、朝日が昇る | Main | 大晦日の朝、ブッダの言葉、道元の言葉が溢れて »

December 30, 2011

初島への小さな旅、

昨日、冬の朝、妹が住む小田原・開成の、大好きな田園風景を散歩をした。畑の中の小さな小川のせせらぎに、感動で立ち止まる。開成の田園風景は、私の安らぎの風景。

横浜へ帰る寄り道に、ちょっと足を伸ばし、熱海から船に乗り、初めて初島を訪れた。民宿34軒、食堂21軒、人口160名プラス、エクシブ(大ホテル)従業員を入れて合計約200名とのこと。

港で早速、岩海苔ラーメンを味わった。大海原を見つつ、露天風呂にも入った。アジアンガーデンと云う、テントやキャンピングカーのある丘も散歩してみた。こんな自然の中、童心に返り、いつか泊まってみたい気持にもなった。

夕方、港の食堂で炬燵に入り、海を見ながら、熱燗を2合。熱海まで25分の船旅は、夕照の富士山へ向っての幻想的な船旅だった。

2011年が夕日のように暮れて行く、船は富士山を目指して進む。「晴れて好し、曇りても好し、富士の山」、富士は人生の羅針盤。

|

« オレンジカクテルにパイナップルが加わって、朝日が昇る | Main | 大晦日の朝、ブッダの言葉、道元の言葉が溢れて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« オレンジカクテルにパイナップルが加わって、朝日が昇る | Main | 大晦日の朝、ブッダの言葉、道元の言葉が溢れて »